諸塚の山について

諸塚山について

諸塚山は、古くから神山として旧高千穂郷の信仰の対象となっていた山で、諸塚村の名前はここからきています。諸塚村北部、高千穂町との境にあり、国道503号線の飯干峠から車で10分ほど上った六峰街道沿いに登山口があります。
山頂に十数基の円墳があると言われ、それが「諸塚(多くの塚=墳墓)」と言う山名の由来で、諸塚村のシンボルと言えます。別名大白山とも、山尾根に七つの峰があるため七ツ山とも言います。山上の諸塚神社の祭神は二十八柱と大変多く、しかも天孫降臨以前の天神七代の祖神十三柱も含まれます。このような高天原時代の神を全部祭ったお宮はほかに例がないそうです。
筑豊・英彦山、霧島・高千穂峰と並び、古くからの修験道の道場のひとつで、霊山と崇められていました。江戸時代の豊後・賀来飛霞の著「高千穂採薬記」でも信仰深い山であると記されています。

登山道が整備されていて、登山口から1時間ほどで頂上に着きます。途中のいくつかの展望スポットからは、天気がよければ祖母山、阿蘇などがパノラマで見ることが出来ます。山頂付近にはブナの原生林、登山口周辺にはアケボノツツジが見られ、ゴールデンウィークには多くの見学の方が訪れ、諸塚山周辺に渋滞が起こるほどです。

毎年3月第1日曜日に「日本一早い山開き」として、「諸塚山山開き」のイベントが行われていますが、早春のまだ雪も見られる中、九州各地から登山愛好家たちが約2000人も集まります。H17年3月の第20回山開きでは、記念事業が実施されました。

標高 1341.6m

諸塚山山開き恒例のウッドカットの様子

諸塚山山開きでの頂上の様子

諸塚山頂上付近登山道での霧氷の様子

 

アケボノツツジについて

アケボノツツジは、非常に大型のツツジ科ツツジ属の落葉広葉樹です。標高1000m以上の高い山地の岩場崖地に見られます。高い山のツツジでは一番の早咲きで、4月下旬~5月上旬に開花します。
諸塚山一帯に群生して自生していて、春の山々に彩やかなピンク色の花が咲き乱れる風景は、絶景です。ゴールデンウィークには、この自然を見に九州各地から多くの方々が訪れます。

 

諸塚山西登山口付近のアケボノツツジの様子

 

黒岳について

黒岳は、諸塚村の最高峰です。諸塚村西部、椎葉村との境にあり、国道503号線の宮の元バス停から車で30分ほど上った村道沿いに登山口広場があります。
途中の山頂付近には村内最大のブナの原生林が見られます。麓の紋原集落には、九州では極めて稀な福寿草の群生地(群生地では日本の南限)があります。また、小さいながらも石灰岩質の山特有の鍾乳洞も発見されています。

その他にも、モロツカミツバツツジ、チョウセンキンミズヒキ、マンシュウハシドイ、クサタチバナ、キレンゲショウマ、ヤマホウズキ、クロフネサイシンなど、多くの貴重な植物の宝庫でもあります。平成22年3月に宮崎県野生動植物保護条例に基づく「重要生息地」の指定を受けました。

また、毎年10月の紅葉の時期に地元主催で「黒岳もみじ祭り」が行われていますが、九州各地の登山愛好家たちに密かな人気を集めています。

標高 1455m

黒岳もみじまつり

黒岳カゴダキからの風景

ライフイベント

ページトップ