世界農業遺産の認定「山間地農林業複合システム」

【世界農業遺産認定】

諸塚村は、宮崎県と県北部の5町村(高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町、諸塚村、椎葉村)による「高千穂郷・椎葉山地域」として、2015年12月に世界農業遺産に認定されています。世界で見ると34番目、日本では6番目となります。

認定のテーマは、「山間地農林業複合システム~森林が育んだForest Community と持続的な農林業複合システム」です。この地域は、平地が少なく、農業生産としては厳しい条件下にありますが、このハンディキャップを逆手に取り、地域の特性を生かし、豊かな森林と共生し、単一作物に依存せず、その自然環境を生かした林業も含めた山間地の農林業複合の取り組みが評価されました。世界農業遺産に林業地域が認定されたのは、世界でも初めてです。

認定のポイントは8つあります。

①力強い地域コミュニティーに伝承される「神楽」 ※諸塚村

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/morotsukakagura/

②民意の結集である「自治公民館制度」の充実 ※諸塚村

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/zichikouminkanenkaku/

③伝統的な「焼き畑」農業の維持

④地域コミュニティで維持される500㎞超のかんがい排水

⑤環境に優しいFSCR森林認証の広葉樹と針葉樹の混交林「モザイク林相」 ※諸塚村

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/mozaikurinsou/

⑥絶滅危惧種の希少植物が多く残る「生物多様性の森」 ※諸塚村

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/shizenhogo/

⑦木材、椎茸、畜産、茶業、高冷地園芸等の複数の作物を組合せる「農林業複合経営」 ※諸塚村

⑧公立中高一貫校・五ヶ瀬中等学校や公的農林業事業体・ウッドピア諸塚の人材育成 ※諸塚村

https://www.vill.morotsuka.miyazaki.jp/__trashed-5/woodpia/

世界農業遺産に認定後も、このシステムを持続可能にしていく取り組みを進めています。特に、この世界でも特筆される、ユニークな複合型の農林業システムを、広報宣伝や観光振興等を通じて評価を広め、特産品の販路開拓等による農林業の活性化事業に取り組んでいます。

当地域の農林業複合システムの世界に誇れる評価は、先人たちの遺産です。しかし、直面する課題である過疎化、高齢化、後継者不足の根本的な解決がなされた訳ではありません。そのままの形を続けることは難しい点もありますが、人と自然の共生の精神を忘れずに、創意と工夫を加えながら、地域の農林業経営を続け、次の世代にも遺産がつなげることが、私たちの重要な責務と考えています。

ライフイベント

ページトップ