世界森林認証祭り「木の家づくり相談会」への参加について

日本人が世界に誇れる財産である豊かな森林は、水源涵養や国土保全など様々な機能を持っていて、木材や林産物など、貴重な資源の宝庫でもあります。

諸塚村は、村土の95%が森林ですが、適正に管理されている森林だけに認められる、世界的なFSC(R)森林認証をそのほとんどで取得しています。

その豊かな森林から生まれる地域資源に感謝しつつ、計画的に適正に管理し、生活のなかで上手に使う知恵を学び、そして美味しくいただこうという世界森林認証祭り「森の恵みの感謝祭」を毎年開催しています。

第11回目の今回は、諸塚村を流れる耳川の流域にある日向市のJA日向「八菜館」で開催します。

テーマは、「FSC(R)森林認証で諸塚の木を世界へ」。モノの溢れる現代社会で、商品の選択基準に、品質、価格、安全性に加え、今、エシカル(倫理的)が注目されています。企業活動が経済性だけを追求するのではなく、地球環境や労働環境など社会の必要性に合致したビジネスを前提にしようというものです。諸塚村も取得している森林認証FSC(R)制度も、エシカルを評価する手法のひとつです。

また、2015年に開発され、昨年世界的に発売を開始した諸塚村産材の「TSUMIKI」もFSC(R)製品で、世界で注目を集めるエシカルな商品です。

そのイベントの中で開催される「住まいと森の環づくり研究会」では、その「TSUMIKI」を隈研吾事務所時代にプロデュースされた神谷修平氏とモア・トゥリーズの水谷伸吉事務局長をお迎えします。

第15回住まいと森の環研究会

さらに、今回も恒例の「木の家づくり相談会」として、建築家、工務店、メーカーなど家づくりに関する相談のブースも設け、一般の方に貴社の取り組みをご紹介する機会を提供できればと考えていますので、是非ご参加をお願いします。

このイベントは、ほんものの木の家づくりおよび安全・安心の食品などを求める方を対象にしたイベントで、今年もカーボン・オフセット・イベントとして実施します。

※カーボン・オフセットとは、自分の温室効果ガスの排出量を理解し、それを削減する努力を行った上で、どうしても減らせない部分について、他の排出削減・吸収量等を購入するなどして、その排出量の全部又は一部を埋め合わせること。環境省等が連携し、普及啓発を進めている。

第11回世界森林認証祭り「森の恵みの感謝祭」家づくり相談会
日 時 平成30年3月24日(土)09:00~14:30頃
場 所 日向市富高299-1 JA日向・八菜館ひゅうが店
出展料 無 料
問合先 諸塚村企画課内 諸塚村森林認証研究会 Tel 0982-65-1116

木の家づくり相談会 出展者申込書

ライフイベント

ページトップ